自粛期間中の過ごし方

新型コロナウイルス感染症により、健康被害に遭われた方、事業活動に影響を受けられた方、謹んでお見舞い申し上げます。

当事務所では顧問先からの融資や助成金に関する相談が多く、普段より忙しくさせていただいています。職員の通勤は、車や自転車を利用し、在宅勤務は交代で実施しています。

我が家には、6歳・4歳・2歳の子どもがいます。学童、保育園も自粛要請が出ているので、在宅勤務の日は自粛していますが、子どもたちと一緒に在宅勤務というのは、なかなか辛いです。特に2歳児はいやいや期真っ最中で全く言うことを聞いてもらえず、仕事部屋に入るなと言っても入ってくるし、PCのキーボードを押されたり、仕事の電話中に話しかけてきたり、PCのアダプタや業務用携帯をおままごとに使って、紛失する事件も起きました(10分後には見つかったのですが)。家庭に、集中して仕事ができる環境はありません。普段学童や保育園に預けられることのありがたさを感じています。

休日は、人の少ない時間帯を狙って公園へ出かけています。自粛生活も長くなってくると、近所の公園にも飽きてきて、最近は、子どもたちとの「〇〇に行きたいね」「コロナが終わったらね」という会話が増えてきました。今は行けないけど、コロナが収束したら行きたい場所ややりたいことを考えるのも自粛期間中の楽しみの一つです。

ようやく感染者数も減ってきて終わりが見えてきたように感じますが、気を緩めるとまた再流行する恐れがあるので、引き続き手洗いうがいなどの感染症予防に気を付けて生活していきたいと思います。

ブログの最新記事8件

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。