電話相談員として従事しました

 

 2月も中旬となり顧問先様からの資料も続々と到着し、当事務所もいよいよ確定申告本番となってきました。
 確定申告時期には税務署に掛けた電話のうち、確定申告に関する一般的な税務相談について税理士が回答する電話相談センターがあります。先日その相談員として、電話相談センターに行って参りました。

 電話相談センターは、福岡国税局管内の税務署に掛かってきた電話を一手に担っているため、電話を掛けた納税者の方は最寄り税務署につながっていると思われがちですが、福岡市中央区で受電していました。
 電話相談員として電話を受けるのは今回が初めてでしたので緊張しましたが、間髪入れず掛かってくる電話に対応するうちに段々と慣れてきました。
 電話相談の多くは、住宅ローン控除を受けるのに必要な契約書等の添付書類の確認など、申告時の添付書類についてでした。他には医療費控除の医療費の範囲についてや、申告書の書き方、電子申告(e-Tax)の入力方法なども多かったです。
 この電話相談で添付書類を確認した納税者の方は、その後税務署などに行って申告手続きを済ませる予定という方が多くいらっしゃいました。コロナ禍での今回の確定申告では、e-Taxや郵送での提出を推奨しており、税務署などの申告会場では、事前予約制や整理券方式での入場制限を行っていますので、ご注意ください。
 予約なしで税務署に行ってもすぐには税務署に入れず、整理券に記載の時間に再度行くか、当日の整理券の配布が終わっていると、別の日に出直す必要があるなど、納税者の方には不便になっています。
 もし申告会場に行かれる場合は、LINEアプリによる整理券の事前発行をお勧めします。この事前発行は、相談日の10日前から2営業日前まで申込可能です。前日や当日の発行はできません。LINEアプリで「国税庁」を友達登録し、メニューの相談申込みをすると整理券の事前発行手続きができます。

(ご参考)
福岡国税局から確定申告についてのお知らせ|国税庁 (nta.go.jp)

 今回の確定申告は、コロナの影響で申告期限が1か月延長されましたが、期限があることには変わりありませんので、お早めにご準備されることをお勧めします。確定申告に関してご不明な点がございましたら当事務所までぜひご相談ください!

ブログの最新記事8件

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。