令和5年度税理士試験結果発表

  • 2023年12月6日
  • 2023年12月6日
  • 未分類

2023年11月30日、令和5年度税理士試験結果が官報にて発表されました。ただ、この日に発表されるのは最終合格者(5科目合格)のみで、科目合格者は郵送で翌日以降に発表となります。

私は3科目合格(簿記論・財務諸表論・相続税法)し、今年2科目受験(消費税法・法人税法)しましたので、官報で結果を確認しました。官報には名前が載っていなかったため、郵送での結果を待つことになりました。2科目のうち1科目合格している可能性があるためです。

今年の合格率はどうなっているのかなと思い、国税庁のホームページを確認したところ、以下の通りとなっていました。

簿記論→17.4%
財務諸表論→28.1%
所得税法→13.8%
法人税法→14.0%
相続税法→11.6%
消費税法→11.9%
酒税法→12.7%
国税徴収法→13.9%
住民税→14.7%
事業税→16.4%
固定資産税→17.3%

消費税法は結構自信がありましたが、この合格率を見て、ちょっと雲行きが怪しくなってきたなと感じました。翌日12月1日に結果が自宅に届きましたが、残念ながら両方とも合格には至りませんでした。今年は理論問題に手応えがあった(設問6題のうち5題は解答速報の解答例とほぼ同様)だけに、残念です。

今年度の結果は残念な結果でしたが、その結果を変えることはできません。ならば、気持ちを切り替えて、来年の試験勉強と日々の業務に臨んでいきたく思います。

未分類の最新記事8件

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。